過去の連載「やまと(倭)古代国家の黎明」和 邦夫

第89回/推古朝、大王による全国支配の一つの到達点

2015年08月10日 税のしるべ

前方後円墳築造は、6世紀末から7世紀初の推古時代に各地一斉に終焉している。その後、大王墳墓は方墳となり、7世紀中頃(舒明以降)には八角形墳となる。 倭国連合王権の象徴である前方後円墳の築造終焉は、古…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ