【はじめに】

 国税は、金銭で納付することが原則とされていますが、相続税については延納によっても金銭で納付することを困難とする事由がある場合には、納税者の申請により、その納付困難金額を限度として一定の相続財産による物納が認められています。...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成27年7月20日号

平成27年7月20日号