過去の連載「タックス・ラウンジ」中央大学商学部教授・酒井克彦

第182回/拡大解釈と縮小解釈

2015年05月11日 税のしるべ

法律が使用する概念を理解する手法として目的論的解釈があるが、そのうち拡大解釈と縮小解釈は頻度が高い。そこで、租税法においても使用される「建造物」概念(地価別表1、所令79①、法令138①等)について…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ