財政制度分科会が高齢者の医療費などの負担能力判定にマイナンバーの活用を提案

2015年05月11日 税のしるべ

財務省の財政制度等審議会財政制度分科会でこのほど、同省主計局から後期高齢者の医療窓口負担や介護保険の利用者負担について、将来的にマイナンバーを活用し、預貯金等も勘案して負担能力を判断する仕組みに移行…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ