1面

平成27年度税制改正により、国外事業者が国境を越えて国内事業者や国内の消費者と有償で行う電気通信利用役務の提供が国内取...
国税庁はきょう11日、同庁ホームページ(HP)で「相続税の申告要否判定コーナー」を公開する。  今年1月1日からの相続...

2面

国税庁はこのほど、国税通則法関係通達の一部を改正し、公表した。平成27年度税制改正で調査手続の見直しが行われ、複数の税...
国外事業者から事業者向け電気通信利用役務の提供を受けた場合、今年10月からリバースチャージという方式で、サービスの受け...
財務省は4月28日、3月の税収実績をまとめた(表参照)。  これによると、同月分税収は前年同月比1・2%増の2兆531...
財務省の財政制度等審議会財政制度分科会でこのほど、同省主計局から後期高齢者の医療窓口負担や介護保険の利用者負担について...
昨年10月の消費税の免税店(輸出物品販売場)制度の改正から半年以上が経過し、免税店シンボルマークもかなり浸透してきたよ...

3面

グループ法人税制では、完全支配関係がある法人間で、譲渡損益調整資産の譲渡等があった場合、譲渡法人はその譲渡損益を繰り延...
日本税理士会連合会(池田隼啓会長)はこのほど、「税理士事務所等の内部規律及び内部管理体制に関する指針」を策定し公表した...
全国法人会総連合(池田弘一会長)はこのほど、個々の企業における内部統制や経理能力に関する自主点検が簡単にできる「自主点...
平成27年度税制改正では、受取配当等の益金不算入制度が見直され、株式等の区分が変更になった(4月20日号1面参照)。 ...
東京国税局は7日、東京都中央区築地の新庁舎に移転し、執務を開始した。移転に伴い電話番号も変更となった。新庁舎の住所等は...

4面

評者・川田剛(大原大学院大学客員教授・税理士)  最近話題となっている「税源浸食と利益移転(いわゆるBEPS)」の議論に...
中小企業庁はこのほど、平成27年版の中小企業白書と小規模企業白書を公表した。小規模企業白書の公表は平成26年に制定され...
一般社団法人信託協会(常陰均会長)はこのほど、平成25年4月1日にスタートした教育資金贈与信託の27年3月末の受託状況...
タダではすまない 消費税ミス事例集(平成27年版) 熊王征秀著  消費税をしっかりと理解しようにも、実務家は日々の業務に...
法律が使用する概念を理解する手法として目的論的解釈があるが、そのうち拡大解釈と縮小解釈は頻度が高い。そこで、租税法にお...

5面

①継続雇用者給与等支給額の算出(前回からの続き)  継続雇用者給与等支給額の計算をする際に、産休や育休等で休職している...
第5回目も引き続き相続人について解説します。今回は相続人に未成年者や行方不明者がいた場合の注意点です。  相続人に未成...

6面

歯科医師業を営む請求人が母に対して平成4年から複数回にわたって金銭を貸し付けていたところ、原処分庁が、当該貸付金に係る...
Q毎年、自分の生まれ育った田舎に「ふるさと納税」をしているサラリーマンです。新聞に私のように寄附金控除を受けるためにのみ確定申告をする人は、税制改正により「確定申告が不要」と記載されていましたが、今後はどのような手続きにより控除を受けることができるのですか。...

7面

【相当の地代の額に満たない地代を収受している場合にはどうなりますか】  その宅地の自用地としての価額から相当の地代に満た...
第1章 古代大和王朝の確立へ  近江出身の継体が大王となり雄略没後の混乱が収拾された。継体以降、大王一族以外の者は大王位...

8面

政府は4月29日、平成27年春の叙勲を発表した。税務関係では、税務行政功労1人、税務行政事務功労31人、納税功労14人...
公益財団法人全国法人会総連合、全法連女性部会連絡協議会主催、一般社団法人福岡県法人会連合会、福岡県法連女性部会連絡協議...
一般社団法人青色21ネットワーク研究会(内田幸一会長)は6月23日、鹿児島市の城山観光ホテルで第24回研究集会を開催す...
相続人間で遺産分割協議がまとまらないといったケースや被相続人が遺した遺言に不満で遺留分減殺請求を申し立てるといった場合...

平成27年5月11日号

平成27年5月11日号