国土交通省は13日、固定資産税における住宅用地の特例から除外される「特定空家等」の判断基準や、適切な措置の進め方に関する指針案を公表した。判断基準の例として、「屋根や外壁が脱落等するおそれがある」「多数の窓ガラスが割れたまま放置されている...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成27年4月20日号

平成27年4月20日号