静岡県が核燃料税の課税期間を5年延長、課税方式に「出力割」も導入

2015年03月23日 税のしるべ

静岡県は、法定外普通税である核燃料税の課税期間を5年間延長(平成27年4月1日~32年3月31日)し、課税方式に「出力割」を導入する。 これは、同県から総務省に核燃料税の更新についての協議があり、同…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ