いわゆる事業承継税制で、贈与税の納税猶予制度の適用を受けている現経営者(ここでは2代目と仮定)が先代経営者(創業者)の存命中に、次の経営者(3代目)に同制度を使って再贈与を行おうとすると、猶予されていた贈与税の納税義務が2代目に生じる。平...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成27年2月9日号

平成27年2月9日号