マイナンバー制度では、個人に対して付番される個人番号と、法人に対して付番される法人番号があり、個人番号は12ケタ、法人番号は13ケタになることが決まっている。個人、法人ともに、この番号を申告など税務手続きの際に税務署へ提出する書類に記載し...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成27年1月5日号

平成27年1月5日号