私Aは、会社Bの社長です。かつてBは債権者Cから借り入れをし、その際A名義の不動産に抵当権を設定させました。そして、このたびBは経営破綻し、Cから抵当権の実行を求められ、具体的にはAの不動産を直接Cに渡すよう求められています。もし、そ...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年12月15日号

平成26年12月15日号