国税庁が"ハイブリッド調査"など実地調査以外の多様な手法を試行、再来年から本格実施へ

2014年12月08日 税のしるべ

国税通則法改正により税務手続きが法定化され、平成25年1月から適用されたことで、調査1件当たりの調査日数が増加し、実地調査が減少している。こうした中、全国の国税局では、中長期視点から「実地調査以外の…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ