国税通則法改正により税務手続きが法定化され、平成25年1月から適用されたことで、調査1件当たりの調査日数が増加し、実地調査が減少している。こうした中、全国の国税局では、中長期視点から「実地調査以外の多様な手法」の試行を実施し、納税者に自発...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年12月8日号

平成26年12月8日号