基礎控除の引下げ等の改正により相続税は平成27年から対象者が大幅に拡大し、対応が重要になってきます。相続をはじめ資産税事案ではそれぞれ条件等が異なることから課税関係の判断が難しいものが多々発生し、その基本概念を理解しておくことが大事になります。セミナーでは、資産税に詳しい山口税理士が相続税・贈与税・譲渡所得・財産評価において、課税関係の判断が難解な問題をピックアップし、定義の整理や根底にある考え方などを解説。個別事例の対応策としては注意が必要な養育年金付保険の定期金給付等関係や、問い合わせが多い収用に絡む事例等を解説します。

日 時 平成26年12月8日(月)13:30~16:30

会 場 都久志会館(福岡市中央区天神4―8―10)

講 師 税理士・山口俊昭
福岡国税局資産税課実務指導専門官、同国税局資産評価官などを経て平成19年8月税理士登録。福岡市内で税理士事務所を開業。税理士からも資産税に関する相談に応じているほか、九州北部税理士会主催の研修会などでも資産税関係をテーマに講演している。

受講料 1名につき1万1000円(資料代等を含む)※「税のしるべ」「国税速報」の購読者は割引価格8800円。

申込先 セミナーに参加の旨、住所、氏名(会社名)、連絡先、本紙購読の有無をご記入の上、下記FAX番号までお送りください。
FAX 03-3264-2187

問合先 一般財団法人 大蔵財務協会
TEL 03-3265-4145
※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。

平成26年11月10日号

平成26年11月10日号