原処分庁が、請求人Aと請求人Bが被相続人から承継した滞納国税を徴収するため、相続で取得した不動産の共有持分をそれぞれ差し押さえたのに対し、請求人らが、不動産の共有持分は民法第932条≪弁済のための相続財産の換価≫ただし書に基づく価額弁済で...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年11月10日号

平成26年11月10日号