最高裁判所(横田尤孝裁判長)は9月25日、家屋を新築し、所有権を取得していても固定資産税の賦課期日である1月1日時点で表題登記や家屋補充課税台帳への登録(登記等)がなされていない場合、所有者は当該年度の固定資産税の納税義務を負わないとする...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年10月6日号

平成26年10月6日号