平成26年10月6日号

1面

2面

3面

4面

  • インタビュー・会見/ この人に聞く

     平成26年度税制改正により、消費税に係る外国人旅行者向け免税制度(消費税免税制度)が見直され、10月1日から飲食料品・化粧品などの消耗品も免税対象となった。これにより、地域特産品や地酒なども免税対象となることから、地方への外国人観光客の流入増加と地域経済の活性化も期待されている。そこで、観光立国の実現を目標に掲げ、世界中からの観光客を地方にも呼び込むために、制度改正の周知と免税店の全国への普及に努めている観光庁観光資源課長の長﨑敏志氏に話を聞いた。...

5面

6面

  • 判決と裁決/ 公表裁決

    請求人が平成22年分の所得税の確定申告を法定申告期限後に提出したとして、原処分庁が無申告加算税の賦課決定処分をしたのに…

  • 過去の連載/ やさしい税務相談室

    Q  父が亡くなり、相続税の計算をしたところ相続税を納付しなければならなくなりました。 【ケース1】相続財産については現金や預金はほとんどないので、相続税の納付を金銭の納付に代えて、相続財産である不動産による物納にしようと考えています。この場合の納税額の算定はどうなりますか。また、物納に際し、譲渡による課税はありますか。 【ケース2】ケース1の方法ではなく、相続財産である不動産を売却(譲渡)して、この売却代金を納税に充てる場合、この売却についても譲渡による課税はありますか。...

7面

8面

ページの先頭へ