図表あり

 受取配当等の金額は、内国法人の各事業年度の所得の金額の計算上、益金の額に算入されません。複数の同族会社間で資本関係が生じているケースは多いですが、例えばこれらの法人から配当金を受取る場合、二重課税を排除する趣旨から益金不算入となります。な...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年9月1日号

平成26年9月1日号