図表あり

 平成27年以後、相続税の負担増に配慮し、自宅及び事業用敷地の相続税評価額を減額できる「小規模宅地等の評価減の特例」が拡充されます。その適用により評価額を最大80%減額できるため、要件を確認し、対策を講じておきたいところです。
 改正の中身...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年7月21日号

平成26年7月21日号