国税庁は8日、日本弁護士会連合会と日本税理士会連合会が事前照会した「特定調停スキームに基づき策定された再建計画により債権放棄が行われた場合の税務上の取扱い」について、照会者の見解で差し支えないとする文書回答を公表した。
 特定調停スキーム...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年7月14日号

平成26年7月14日号