図表あり

 大阪、高松の両国税局は1日、平成26年分の路線価等を発表した。それによると、標準宅地の評価基準額の平均値は昨年に引き続き下落となっているものの、下げ幅は縮小した。税務署ごとの最高路線価では、再開発ラッシュの大阪中心部が昨年に引き続き大幅に...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年7月14日号

平成26年7月14日号