平成26年7月14日号

1面

2面

  •  平成26年度税制改正で適用期限が延長されるとともに、要件の緩和が図られ、使い勝手が向上した所得拡大促進税制。同税制は基準となる事業年度と税制の適用年度の給与等の増加割合を比較し、増加割合が一定の基準を上回ると増加額の10%の税額控除が受けられる仕組みのため、前事業年度等が存在する既設法人のみを対象にしていると考えられがちだが、実のところ新設法人の方が既設法人よりも適用しやすく設計されている。税額控除なので黒字であることが前提となるものの、新設法人は ...

  • 大阪国税局はこのほど、事前照会があった「連結親法人が連結承認取消後に決算期変更を行った場合の事業年度」について、照会者…

  • 国税庁はこのほど、法人税基本通達の一部を改正し公表した。平成26年度改正に対応し、所要の整備を図った。 その中では、生…

  • 連載/ 八面鏡

    政府が先月閣議決定した骨太の方針にふるさと納税(寄附金)の拡充が盛り込まれた。これに関連し、菅義偉官房長官が5日、寄附…

3面

4面

5面

6面

7面

北海道面

東北面

関信面

東京面

東海面

北陸面

関西面

中国面

西部面

ページの先頭へ