交際費の共同支出

判決のポイント
 2以上の法人が共同で交際行為を行ったといえるには、主観的要件である「共同の意思」と客観的要件である「費用の一部負担」が必要になる。

【納税者の主張】
 商社である納税者が洋酒等を販売するためには、日本...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年6月16日号

平成26年6月16日号