当社ではこのほど、新社屋を建設しました。営業部門が旧社屋から移転し営業しています。今期から2棟の減価償却を行うにあたり、旧社屋は以前から定率法で償却していましたが、新社屋は定額法しか選定できないと聞きました。建物の償却方法が異なってし...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年6月16日号

平成26年6月16日号