平成26年6月16日号

1面

2面

3面

4〜8面

8面

9面

10面

  • 判決と裁決/ 公表裁決

    管工事業および燃料販売業を営む請求人が、いわゆる法人成りによる設立の際に、代表者A個人の事業を譲り受けたとして個人事業…

  • 連載/ やさしい税務相談室

    Q  当社ではこのほど、新社屋を建設しました。営業部門が旧社屋から移転し営業しています。今期から2棟の減価償却を行うにあたり、旧社屋は以前から定率法で償却していましたが、新社屋は定額法しか選定できないと聞きました。建物の償却方法が異なってしまうと管理上不便が生じるため旧社屋の償却方法を定額法に変更したいと考えています。計算方法および申請届出等はどのようにすればよいのでしょうか?...

11面

12面

ページの先頭へ