七支刀は、長さ75センチメートルの鉄剣で剣身の左右に3本づつの枝が出ている特異の形の剣であり、銘文に泰和4年(369年)百済王世子奇生が倭王のために作ったと刻まれている。
 このことからすれば神功は4世紀の人物ということになる。
2 好太...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年5月12日号

平成26年5月12日号