OECDがBEPS行動計画で新たに勧告へ

2014年05月12日 税のしるべ

OECD(経済協力開発機構)は、多国籍企業が人為的に課税所得を減少させたり、タックスヘイブンへの利益移転などの国際的租税回避へ対応するため、「BEPS(税源浸食と利益移転)行動計画」を昨年7月に公表…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ