国税庁はこのほど、平成26年度税制改正により法人の交際費等の損金不算入制度が拡充されたことに伴い、これまで寄せられた主な質問を取りまとめ、同庁ホームページにFAQを公表した。FAQでは、50%損金算入できる接待飲食費として認められるための...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年5月12日号

平成26年5月12日号