平成26年4月21日号

1面

  •  平成26年度税制改正では、所得拡大促進税制が見直され、同税制の適用要件の一つである平均給与等支給額が法人の場合、「前年度以上」から「前年度を超える」に改められるとともに、平均給与等支給額の計算の基礎となる雇用者から退職者や再雇用者、新規雇用者を除いた「継続雇用者に対する給与等」で比較できるようになった。継続雇用者の給与等については、前年度に給与等の支給を受け、適用年度に中途退職した者などの給与等が含まれるかどうかはっきりとしない点があったが、このほど経済産業省から法令に基づく参考例が示された。  経産省が示した参考例は図の通り。...

  • 国税庁はこのほど、「税務調査手続に関するFAQ(税理士向け)」などを改訂した。平成26年度税制改正で、国税通則法などが…

  • 税理士法改正を含む「所得税法等の一部を改正する法律」が3月20日の参院本会議で可決・成立、31日に公布された。 また、…

2面

3面

4面

5面

6面

7面

8面

ページの先頭へ