平成26年度税制改正で、国際課税原則が従来の総合主義から帰属主義に見直されることとなった。これに伴い、内国法人の本店等とその国外事業所等(国外にある恒久的施設)との内部取引について、外国税額控除の算定に当たり、別々の法人である親会社と子会...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年4月14日号

平成26年4月14日号