平成26年度税制改正大綱では、雑損控除の対象となる資産の損失金額の計算方法に、現行の資産の時価を基礎とする計算方法のほか、取得価額に基づく価額を基礎とする計算方法が追加された。これにより、納税者はどちらか有利な方を選択できることになる。
...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年3月10日号

平成26年3月10日号