福岡、熊本の両国税局はこのほど、相続税の平成24事務年度(24年7月から25年6月)の調査状況と24年分申告状況をまとめた。調査は22、23年中に発生した相続を中心に申告額が過少とか、無申告と想定されるものに実施。対象の8割超から申告漏れ...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年1月27日号

平成26年1月27日号