弥生時代から古墳時代の遺跡から発見される農工具は、鍬が70%、鋤が30%程度であるのに対し、纏向遺跡から発掘されたのは土木具の鋤が95%、農耕具の鍬が5%程度である。こうした事実から、纏向遺跡は普通の農業集落ではない特異な性格を持った集落...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年1月20日号

平成26年1月20日号