図表あり

 「平成26年度税制改正大綱」が12日、自民・公明両党により決定された。秋の大綱(10月7日号参照)に続くもの。個人所得課税では、現行、給与所得控除の上限額245万円(給与収入1500万円)について、28年分の所得税から段階的に引き下げるこ...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成25年12月16日号

平成25年12月16日号