政府税制調査会の国際課税ディスカッショングループ(田近栄治座長、DG)は24日、初会合を開き、外国法人等に対する課税原則を総合主義から帰属主義に移行する方針を示した。改正案では総合主義に基づく国内法の規定が、OECDモデル租税条約新7条の...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成25年10月28日号

平成25年10月28日号