過去の連載「タックス・ラウンジ」中央大学商学部教授・酒井克彦

第132回/当分の間の当分の間

2013年09月02日 税のしるべ

租税法が対象とする経済事象は多様であり、極めて流動性に富むものであるから社会経済の変容に応じて適宜これを見直さなくてはならない。 それでも基本個別法を改正することには、体系的な見直しへの影響もあり慎…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

JDL4
ページの先頭へ