広大地の評価の裁決、公共公益的施設用地の負担を巡る争いが目立つ

2013年05月13日 税のしるべ

相続税の土地の評価で広大地に該当すると評価額が大きく下がる。広大地の判定を巡っては国税不服審判所などで多くの案件が争われており、最近の裁決をみると、広大地の要件である「開発行為を行うとした場合に公共…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

JDL3

関連記事

ページの先頭へ