平成24年度税制改正では、25年1月から勤続年数5年以下の特定役員退職手当等について2分の1課税措置が廃止されることになった。それに伴い国税庁は、今年8月に「特定役員退職手当等Q&A」を公表しており、同庁はこのほど、このQ&Aに新たな情報...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成24年12月10日号

平成24年12月10日号