原子力発電所がある道県は、東日本大震災の原発事故後、再稼動の見通しが立たないため、相次いで24年度予算案に核燃料税を計上しない方針としている。
 核燃料税は、原発がある13道県が総務大臣の同意を得て独自に課税している法定外普通税。発電用原...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成24年2月20日号

平成24年2月20日号