国税庁は10月から、放射性物資に対する酒類の安全性確保のため、酒類製造場から出荷される前の酒類の放射性物質に関する調査を実施する。
 調査は、地域A、地域B、地域Cの三つに分けて実施。全国の各国税局が対象製造場を選定し、酒類製造者の同意を...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成23年10月3日号

平成23年10月3日号