平成23年度税制改正で、年金所得者の所得税の申告手続不要制度が創設されることとなった(所得税法第121条)。
 公的年金などの収入金額が400万円以下であるもので、かつ年金以外のほかの所得金額が20万円以下の場合、もし納付税額があったとし...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成23年1月31日号

平成23年1月31日号