判決と裁決「裁判所判決

破産管財人の報酬などの源泉徴収義務で最高裁が判決

2011年01月24日 税のしるべ

弁護士である破産管財人が自らの報酬の支払や、破産会社の元従業員らを債権者とする退職金の債権に対する配当について、源泉徴収義務を負うことはないと主張していた事案で、最高裁はこのほど、破産管財人だったこ…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁4
ページの先頭へ