特定居住用財産の長期譲渡所得特例、譲渡対価が2億円超で適用不可

2010年05月31日 税のしるべ

平成22年度税制改正では、特定居住用財産の買換えおよび交換の場合の長期譲渡所得の課税の特例について、譲渡資産の譲渡対価が2億円以下であることを要件に追加した上で、適用期限が23年12月31日まで2年…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ