小規模宅地の特例改正、親と離れて生活の子に適用も

2010年02月22日 税のしるべ

平成22年度税制改正で、縮減の方向で見直されることになった「小規模宅地等の課税価格の計算の特例」。改正後は、親元から離れて生活している子が相続する場合、実家へ戻らないようなケースでも、特例の適用が継…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁3

関連記事

ページの先頭へ