小規模宅地の特例が縮減、事業や居住の不継続は適用外に

2010年01月11日 税のしるべ

昭和58年の制度創設以降、「小規模宅地等の課税の特例」は減額割合や適用対象面積を引き上げるなど拡充の方向で推移してきたが、平成22年度税制改正では縮減の方向で見直される。同特例は相続税の計算に大きな…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ