「控除から手当てへ」の流れに沿い、一般扶養控除のうち「子ども手当」の対象となる15歳以下の適用分については廃止という方向が政府税制調査会で示された。一方、論点となっているのは、23~69歳の成人適用分だ。従来は、被扶養者の範囲について年収...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成21年12月14日号

平成21年12月14日号