勤めている会社から、従業員が自己の居住用の住宅や宅地(住宅等)を取得するために低利で融資を受けた場合や、銀行などから借りた住宅ローンの利子について補助を受けた場合、そのことによって得た利益は本来、金銭で受ける給与と同様に課税対象となる。た...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成21年11月23日号

平成21年11月23日号