外資系生命保険会社アリコジャパンがこのほど、東京国税局の税務調査を受け、約178億円を追徴課税されたことが分かった。同社は為替相場に著しい変動があった場合、保有する外貨建て資産の為替評価損を損金算入できるルールを適用し税務申告したが、当局...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成21年8月24日号

平成21年8月24日号