増加する海外でのカルテルなど違反行為、課徴金も損金不算入に

2009年06月22日 税のしるべ

この数年、海外の独占禁止法当局から価格カルテルなどの競争法違反に対して罰金や課徴金を課される国内企業が増加している。罰金などは日本円にして100億円を超えるケースもあり、大企業でも業績に与える影響を…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ